スタッフブログ

株式会社 タナカテックのスタッフのブログです。日頃感じる事や皆様にとっても役立つ情報を発信しておりますのでぜひお楽しみください。

京都マネージメント研究会

投稿日 2017.11.22.

​こんにちは。 今週から、グンと気温が下がりましたね。紅葉シーズン本番で京都市は盛り上がっております。

先日11月17日に弊社が所属している、京都マネージメント研究会の5S-5T研究会が所属企業様の会社で行われました。
研究会の大まかな流れは、 先生の講義→5Sの考査試験→5Sパトロール→パトロール後の発表 という流れでした。

今回の先生の講義内容は

『会社で5S活動を推進する組織編成』

編成すべき理想的な組織図や、リーダーとしての活動方法などを講義していただきました。
工場内の活動となるので、基本編成は、工場長をトップに活動をしていく形で、その下に研究会で勉強をしている者、社員という形が理想です。
弊社では、3S(5S活動を4グループに分けて活動しています。各グループには必ず研究会参加者と研究会OBがリーダーとして活動しています。

社員全体で活動していく中で必要なのは、5Sで使われる単語の意味を社員全体で理解することです。 先生の推進方法は
・ 年に一回会社全体で5S考査を行う。
・ 会社の目に付くところに5S考査の用紙を貼る
と言われました。 残念なことに弊社はできていません。。。今回を機に会社全体に働きかけてみようかと思います。
あとは、5Sパトロールの活動方法なども講義していただきました。

さて、前回の研究会で先生から指摘された

『メモに関する問題』

これの中のひとつ、表示なのですが、研究会参加メンバーで台車に貼る表示の形式図を製作、運用を開始しました。運用してからわかる問題点を改善しながら、次は主となるメモの形式図に取り掛かっていきます。 

さ、今週末は一足早く弊社の忘年会です。楽しんでまいります。

京都マネージメント研究会

投稿日 2017.10.20.

こんにちは。久々のブログ更新です。
今年は『秋らしい』という言葉を使える期間が短いなぁ、と感じている今日この頃です。 先日10月11日に弊社が所属している、京都マネージメント研究会の5S-5T研究会が弊社で行われました。6社24名(先生含)と大人数のみなさまに参加していただきました。

たまたま、研究会の年度の関係で今年の4月にも弊社を会場とした勉強会が開催され、短い周期での弊社での開催です。
研究会の大まかな流れは、 先生の講義→5Sの考査試験→5Sパトロール→パトロール後の発表
という流れでした。

先生の講義内容は、 『1工程1清掃』 これをテーマに講義していただきました。
弊社ではこれを社内のマナーアップ運動の一つとして『一仕事一片付け』と呼んでいます。
先生は、この活動を続けるうちに『どうすれば清掃なし(もしくは清掃時間を短く)する方法を突き詰めるのかが、仕事の効率化につながる』と講義していました。
突き詰める中で、自然と求められてくるのが5T(定位置、定量、定方向、表示、標識)
それが可能になれば自然と作業者(社員)に求められる5Sの(弊社では3Sですが)レベルが上がるのでは?とこの講義で私は感じました。

パトロールですが、参加していただいた皆様に隅々見てもらえる環境を作るため、弊社の見取り図をお渡ししました。 役立ったかわかりませんが、今回の5S指摘件数(良いところ、被っているところ含む)100件を超えていました。弊社社員が見慣れているから、油断しているところもビシバシ指摘していただき、勉強になります。

そして、最近第二工場として作業場が増えたところに対してのアドバイス、参考にさせていただきます。

パトロール後の発表時に先生から 『メモに関する問題』 を、指摘されました。

・ISOでは、仕事に関しての連絡事項全てにおいて書式があり、いつ、だれが見てもわかるように記録に残すもの。
・メモというものは、その場でその場にいた人にしかわからないもの。

どちらが重要か? 皆様も、理解できると思います。
後者が主になっている弊社ですが、前者の環境作り、簡単ではありませんが弊社でも事務所から取り組んでいただけるように働きかけていきます。

タナカテックの特長

タナカテックでは、独自のシステムで徹底した工程管理・品質管理と、極力無駄を省いた工法で生産効率向上を追及しています。

  • 納期遅延ゼロ
  • 薄板大型製缶板金
  • 一括・ワンストップ受注

産業用工業炉・試験炉製造、産業用機械製造・プラント機器設計製造、薄板製缶、大型製缶、薄板板金、設備ライン向け乾燥機ドライヤー・オーブンなら、タナカテックにお任せ下さい!

株式会社 タナカテック

〒601-8316
京都市南区
吉祥院池の内町47
TEL. 075-681-8741
FAX. 075-681-8743

中小企業経営革新支援法
認定企業

NC network 挑戦する製造業のために