スタッフブログ

株式会社 タナカテックのスタッフのブログです。日頃感じる事や皆様にとっても役立つ情報を発信しておりますのでぜひお楽しみください。

2018年度第3回 京都マネージメント研究会

投稿日 2018.10.19.

こんにちは
 
先日10月10日に京都マネージメント研究会の2018年度 第3回5S-5T研究会を弊社にて行いましたので勉強内容についてお話させて頂きます。
 
 
 
はじめに、先生が23年前1995年の弊社の写真を見せてくださりました。
 
事務所や工場内の表示標識などの写真でして、
形は若干変わっている物もありますが今現在も残っている物が多くありました。
これについて先生は、
守りやすいルールは寿命が永いとおっしゃっておられました。
いきなりきっちりした難しいルールを作るのではなく、
まずは簡単な表示標識のルールを作りそれを皆で守ることが大事なのかなと思いました。
 
 
それから、
各企業様に弊社内のパトロールをしていただき、
誰いつ新聞を作成して頂きました。
 
そして各企業様の発表の際に多く見られた指摘が、
安全面についてでした。
 
メイン通路への飛び出しや、
シャーリング残材の立て掛けなど、
溶剤の管理場所、管理方法などたくさんの指摘がありましたので、
会社全体で見直していきます。


2018年度第2回 京都マネージメント研究会

投稿日 2018.09.07.

こんにちは

先日8月9日京都マネージメント研究会の2018年度 第2回5S5T研究会
が所属企業様の会社で行われましたので内容についてお話させて頂きます。

今回先生は
「本や書類の整理」を中心に話されました。

本や書類の整理については誰にでもわかる簡単な基準で本棚に並べるように
することが重要とのことでした。

本の整理の例としてサイズの違いと初版の年月日で並べるというのが
あげられていました。

書類の整理の例として野口悠紀雄氏の「超整理法」の押し出しファイリングを
紹介されました。

知っている方もおられると思いますが簡単に説明させていただきたいと思います。

➀角型2号(A4サイズが入るもの)の大きさの封筒を用意する。
➁書類をひとかたまりずつ封筒に入れる。
➂なにを入れたかと作成年月日を封筒に記入し本棚に並べる。
➃取り出して使用した封筒、新しく作成した封筒は左端に並べる。
➄使用していない封筒は右端にたまっていくので適当なタイミングで中身を確認し
保存するか処分するかを決める。

基本的にはこの流れを繰り返していけば不要な書類がたまらないということです。

あとは紙の書類は全てこの本棚にまとめる。
重要なものや分類を目立たせる場合はカラーペンを使い並べたときにわかるように
封筒の横に色を付けてわける。

だいたいこのようなシンプルなシステムとなっています。

押し出しファイリングは基本的に個人用ということですが表示の工夫などにより
会社などの書類でも使用できるのではないかとのことで、弊社でも導入しては
という意見もあり検討しています。

今回の第2回勉強会は整理について勉強しました次回第3回は弊社タナカテックで
行われますので今回までの勉強を生かしながら改善を進めてまいりたいと思います。
 

最近の記事

カテゴリ

過去の記事

スタッフブログ一覧はこちらから

タナカテックの特長

タナカテックでは、独自のシステムで徹底した工程管理・品質管理と、極力無駄を省いた工法で生産効率向上を追及しています。

  • 納期遅延ゼロ
  • 薄板大型製缶板金
  • 一括・ワンストップ受注

産業用工業炉・試験炉製造、産業用機械製造・プラント機器設計製造、薄板製缶、大型製缶、薄板板金、設備ライン向け乾燥機ドライヤー・オーブンなら、タナカテックにお任せ下さい!

株式会社 タナカテック

〒601-8316
京都市南区
吉祥院池の内町47
TEL. 075-681-8741
FAX. 075-681-8743

中小企業経営革新支援法
認定企業

NC network 挑戦する製造業のために