スタッフブログ

株式会社 タナカテックのスタッフのブログです。日頃感じる事や皆様にとっても役立つ情報を発信しておりますのでぜひお楽しみください。

京都マネージメント研究会

投稿日 2017.12.12.

こんにちは。

先日12月6日に弊社が所属している、京都マネージメント研究会の2017年度 第5回5S-5T研究会が所属企業様の会社で行われました。

はじめに、 会場企業様の活動報告があり、
その中に、新しく入ってきた材料が、使うか不明な材料があるせいで置場に置けない状態があったというものがありました。

そこで、
・生品(4時間以内に使うもの)
・休品(4時間以上、3ヶ月以内に使うもの)
・死品(3ヶ月以内に使わないもの)
生休死(生品、休品、死品)を区別するために、赤札作戦を実施されました。
必要、不必要かが分からないものに赤札(シール)を貼り、
赤札が貼ってある物を使用した際に、赤札を剥がし死品を明確にする。
そして3ヶ月後に赤札が貼ってある死品を処分するというものです。

まだ3ヶ月経っていないということで、
赤札が貼ってある材料がちらほら見受けられました。





先生の講義内容は、
「標準作業をすることにより無駄を最小限にする」

たとえば、
道具を使う際は、道具置き場に取りに行き戻ってくる、
これだけで往復時間の無駄が生じます。

なので、その工程で使う道具の置き場を手元に作ったり、
その日に使う道具をあらかじめカゴや台車に乗せておき、
まとめて移動できる環境をつくり、作業する近くに置くことで時間が短縮されペースアップに繋げることができる。

いかに無駄を無くし、効率的かつ安全な作業をする大切さを講義していただきました。

社会科見学

投稿日 2017.12.04.

京都市立祥豊小学校の元気な3年生が、弊社の工場見学にやってきました!
 
「工場でつくられるもの」というテーマで学びに来られました。
図面をパソコンで描く作業を見て・・・ワー!
レーザー加工機で鉄板が切られるのを見て・・スゲー!
ブレーキプレスで鉄板が曲がる瞬間に・・・ああああ!!

 
 
 
溶接光というのは眩しく、とても直視できないものですが、興奮した子供たちのキラキラした目はそれ以上に眩しい、でも目に優しく、じんわり潤います。
 
質問コーナーではやはり予期せぬ疑問ばかりでこちらはあたふた・・
一番多かった質問は、「レーザー加工機や溶接で金属を加工する際のあの光は何℃ですか?」逆に「何℃だと思いますか?」と返すと・・・
帰ってきたのは・・・
 
「35億!」
 
キターっ!ブルゾンちえみ!ここでキターッ!
 
 

数日前、先生方からこのお話を引き受けた際に、一番心配したのは安全面についてでした。
『目線が違えば見え方も違う』とよく言いますが、まさしく小学校3年生の身長120センチ程と大人の視界は別世界です。私達社員の日常の数々も、彼らからすれば危険となる可能性が工場のそこらじゅうに潜んでいるように思えます。その点を充分に考慮し、無事に小さなケガ一つなく子供たちとお別れ出来た事は、達成感と改めて工場の安全について考えさせてくれる良い機会となりました。
 
祥豊小学校3年生の皆さん、先生方、ありがとうございました。
未来、ひょんな事で子供たちに再会出来る日を楽しみにしています。
 

タナカテックの特長

タナカテックでは、独自のシステムで徹底した工程管理・品質管理と、極力無駄を省いた工法で生産効率向上を追及しています。

  • 納期遅延ゼロ
  • 薄板大型製缶板金
  • 一括・ワンストップ受注

産業用工業炉・試験炉製造、産業用機械製造・プラント機器設計製造、薄板製缶、大型製缶、薄板板金、設備ライン向け乾燥機ドライヤー・オーブンなら、タナカテックにお任せ下さい!

株式会社 タナカテック

〒601-8316
京都市南区
吉祥院池の内町47
TEL. 075-681-8741
FAX. 075-681-8743

中小企業経営革新支援法
認定企業

NC network 挑戦する製造業のために